その車の過去の修理や事故歴といったものは全てお見通し

プロが見れば素人がいくら頑張ったところでその車の過去の修理や事故歴といったものは全てお見通しです。虚偽申告は査定担当者に不信感を持たせますし、金額交渉すらできない状況になることが予想されます。修復歴をあえて隠すというのは不動産屋が事故物件を偽るのと同様、告知義務違反という扱いになり、事実が明るみに出た時点で全額返金を求められることもあり得るのです。こういった事態に対応するために、契約書に目を通すとほぼ100パーセントの確率で申告や隠蔽に関する記載があります。車の査定依頼を中古車販売店にする場合は、お金をとられることはまずありませんが、車を買うついでに同じディーラーで下取りしてもらうと、明細書に「査定費用」の項目があって驚いたという人も少なくありません。中古屋の買取額とディーラーの下取額が同じであれば、査定手数料分だけ下取の方が損ということになります。同じ「中古車」なので買い取りだろうと下取りだろうと似たようなものだと思っていると本来確認すべきことが疎かになってしまうため、契約書にサインする前に査定手数料は必要なのかをいま一度はっきりさせておきましょう。査定は有料だと言うのであれば、買取業者の方が有利ということで、ディーラーに価格交渉するネタになります。

個人が中古車の査定を業者に依頼する時は特別な支度というのは別に必要ありません。けれども業者が決まって売却するにあたっては、幾つかの書類を用意しなければなりません。また、役所で発行される印鑑証明書などは代理人が行けば後日郵送になってしまいますし、苗字が結婚などの理由で変わっている時や、現住所と書類の住所が一致しない場合は通常よりも提出書類が増えますから、先に担当者に確認しておくと良いでしょう。車を売る気持ちが固まったら時間があるうちに書類を揃え始めたほうがあとあと楽でしょう。実車査定に来た業者は決められたシートにのっとって中古車の価値を算定します。項目ごとに、標準的であれば0点、上ならプラス何点、下ならマイナス何点と主観の入りにくい公平な価格が導き出されるのです。比重の大きなチェックポイントは、当然ながら事故歴、そしてボディの状態(キズ、へこみ)、過去の修復に関することと、改造パーツの有無、走行距離などです。熟練の営業マンが逐一チェックしますから、補修跡や事故歴などが目立たないように取り繕っても、バレずに済むはずがありません。到底直せないほどのダメージを受けた車は全損と言われますが、この全損は、異なる二つの意味で使われています。修理屋がさじを投げた物理的全損がまずあって、あとひとつは修理費が車両保険で賄えない状態になってしまった経済的全損です。事故などの際、車両保険から支払われる額は、生命保険のように確定しているものではなく、その時の市場の評価額を元に算定されます。

国内の自動車保険各社のほとんどは日本自動車査定協会が出している市場データの冊子を参照して適正な金額を算定します。もし実勢価格と違うと思ったら、そのままにせず、交渉に持ち込むという手もあります。車を買い換える際、ディーラーに下取りを頼むと今までの車に乗ったまま次の車が納入するまで過ごすことができます。一方、ディーラー下取りではなく、中古車屋への売却の場合は日数があくこともあるわけです。日常的に車を使う人は、訪問査定等を申し込む際に代車を利用する可能性があることを伝えておく必要があります。同じ業者でも店舗が違うとまったく代車がないなどということもありますし、早いうちから確認しておくことが大事です。車を売却して業者から代金が支払われるのは、その車の売買契約を結んだ日から一週間程度かかるのが普通です。担当者が査定に来て、その日のうちに契約を決めても、用意すべき書類が足りないと契約締結には至らず、ただ「約束した」だけになります。できるだけ早めに振り込んでほしい場合は、売る決意が固まった段階で、査定を依頼する以前に手元の書類を整理し、普通乗用車なら印鑑証明もとっておくとスムースです。提出書類は普通乗用車と軽では違いますし、注意してください。また、住所や姓などの個人情報が変わっている人も別途書類が必要になります。トラックや営業車は別として、個人所有の普通車の1年間の走行キロ数は、おおよそ1万kmが標準といわれています。

年式を問わず走行距離数が5万を超えた車は多走行車と言われて当然ながら距離なりに査定ではマイナスポイントがついていき、いわゆる過走行車(総走行距離10万km以上)までいってしまうとタダ同然の査定になり、場合によっては引き取りを拒否されることもあります。ただ、走行距離が少ないほど良いとは言えません。車の年式に比べ走行距離数が短すぎるときは、機構の状態がむしろ悪くなり、思わぬところが故障していることも充分考えられるからです。少しでも高い見積り額を訪問査定に来た中古車業者から提示してもらうには、ちょっとした要領がモノを言います。営業マンの目的といったら契約にほかなりませんので、売主側は査定金額さえ良ければいつでも契約する雰囲気を醸し出して、相手に「ここが勝負のしどころ」と思わせることです。営業マンとしても早く契約を決めて車を引き取る日取りがわかれば、今後の販売プロセスがだいたい描けるので、買取金額アップを持ちかけても円滑に進められます。査定士が実車を査定するときは所有者が同席しなければいけないといった約束を設けている業者はいないと思いますが、当事者がいないがために起きるかもしれない問題を未然に防ぐためにも、可能なかぎり車の持ち主が訪問査定時に立ち会った方が良いでしょう。今どき悪徳業者なんていないと思うかもしれませんが、悪質な例では、家族が立ち会っても所有者本人でなければ様子に疎いだろうと、もともと何でもない部分に傷をつけたりして買取値を安く下げようとした例もあります。

チェック⇒ユーノスコスモ 買取相場